安全・品質・環境への取組み

安全・品質・環境への取組み

弊社の取り組む品質ならびに環境保全活動のご紹介。

私たちは、運輸安全に関するマネジメントシステムの構築と維持管理、品質管理システム(ISO9001)・環境管理システム(ISO14001)を通して、「丸急品質」である安全で確実なロジスティックスを提供し続けるための取組みを全社一丸となって行っています。

運輸安全マネジメント

トラック運送事業所にとって、「輸送の安全の確保」は最大の使命です。
私たち丸亀急配は、「安全は全ての作業に優先する」を安全宣言として、これまで数々の取り組みを行ってまいりました。

2006年の法改正を受け、運輸安全マネジメントを導入し、この「輸送の安全の確保」が最も重要であるという意識を経営トップから現場の乗務員まで浸透させ、輸送の安全に関する「計画の策定、実行、チェック、改善(PDCA)のサイクル」を活用して、グループ全体の輸送安全の確保と向上を継続的に行うことにより、安全性の高い物流サービスをお客様に提供しています。

2000年より、全社安全大会の開催(毎年6月第一日曜日)本年で20回目になります。
また2009年より「独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)による安全輸送の為のコンサルティングを3年毎に受診し、全社的かつ継続的な安全運行のレベルアップを図っています。

品質方針

当社は一般貨物・新聞の輸配送の運営において、「物流品質事故0」(誤出荷・誤配送0、破損事故0)を維持・継続する事で顧客要求事項に適合し、顧客満足の向上を目指す。
又、新たな物流サービスの提供を通じて社会貢献に寄与すると共に、品質マネジメントシステムの継続的な改善を推進する。
本品質方針について、ステークホルダー(顧客、ビジネスパートナー、行政機構)の理解を得るとともに協働及び連携して品質の向上に努める。

環境方針

当社は一般貨物・新聞の輸配送業務、その他物流業務に携わる者として、当社業務が環境に与える影響の重要性を認識し、環境保全・負荷の低減のため、下記の方針に基づき行動します。

  • 排出ガスによる大気汚染、地球温暖化等を防止するため、エコドライブ・低公害車導入を推進し、環境負荷の継続的な改善を図り、地球環境の汚染を予防します。
  • 省資源・省エネルギー運動を推進し、廃棄物の削減、リサイクルに取組みます。
  • 環境関連法規制・条例・協定及びその他の要求事項を順守し、各種団体が進める環境保全活動に参加します。
  • 環境方針達成のため、環境目的・目標を設定し、レビューのための枠組みを与え、継続的改善を推進し、また当社のために働くすべての人に環境マネジメントシステムを周知徹底します。

本環境方針について、ステークホルダー(顧客、ビジネスパートナー、行政、地域コミュニティ)の理解を得るとともに協働及び連携して環境の保全に努める。

<中期環境行動計画>BCP対策
  • 再生可能エネルギーの積極的利用の推進
    再生可能エネルギー(太陽光発電)の導入、再生可能エネルギー電気を活用して、自立・分散型の電源を確保し蓄電機能設備を併設するなど、災害時等の非常用電源としての応急的な対応に備える。
  • エネルギーの分散化計画
    エネルギー資源の枯喝リスク低減及び緊急時に対応するため、先進環境対応トラック(電気自動車(EV)小型トラック)の導入計画を推し進め、使用エネルギーの分散化「軽油(ディーゼル車)・液化天然ガス(CNG車)・電気(EV車)」の行動計画を策定する。これにより、リスクを分散化する効果や、エネルギーコストの削減及び、環境負荷の軽減に貢献する。